こころの地平を見渡せば

あんなに寝付けなかったのに目覚めがいいのはなぜか足先までこもった熱が急速に冷めてゆく曇ったガラスににじむ景色を淡い期待に溶かして薄れゆく夢のかすかな手がかりも思わず手放せそうな 小高い丘の上からまぶしさに眼をしかめて見渡…

柿色の帳

帳がひらけて夜が明ける目まぐるしい速さで感情と感覚の境界線上を色彩がうごめいている地平の果ての小都市からこちらを振り返って見てみたい 熟れた柿色のカーテンが住宅地の向こうへ吸い込まれてあらたな砂漠の蜃気楼が灰色の天蓋を覆…

眼球運動

青緑色の壁に向かって二本の指の動きを追った風のない窓辺にしきつめた水晶が揺れて時を告げる 海底で泡はひとりでに産まれひと知れず故郷を目指すいくつもの藻屑にあおられながらひと思いに地上へ舞い上がる 全身を眼球に変えて存在を…

翼竜の遺伝子

雨になる前の乳白色の空に山へ向かう一羽のカラスの濡れそぼった漆黒の翼が低空飛行で行く泉のそばの土くれにうつむいて夏の地虫をさがしていた澄んだ川面を陽光が水しぶきと戯れていたかつて暮らした街でわたしはかれらとの距離を一段と…

六角形の月

わたしが最初にあなたを知ったのは土のにおいを肌にまとわせ戸惑いをもてあましていた十七のある寒い日の暗い帰り道のことでしたあなたがただひとつのあなたでなく無数のあなたであることを中心から六つほどに分身しながら六芒星の姿で浮…

金柑飴をなめながら

金柑飴をなめながら澄みわたる月空を眺めている飴色の光をあびてわたしは一個の天体になるわたしの瞳が星になりかなしみよろこびを照らす時わたしは瞳を奪われて見ることはもはやできないそれは月のやさしさ月の光の良心そうしてわたしは…

祝日の午前

祝日の午前風に揺れるカーテン陽射しに色があるように錯覚する輪郭さえもあるように見える濃淡の影がまっすぐに伸びているのは窓枠に対して太陽が正面にいるからだろうと固定した頭がふわふわと考えている昨日一日着ていたスーツが抜け殻…